--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


        



        


2014.04.25 02:10|カテゴリ:自分語り/SSコメント(0)

「人を騙すと金がもらえるバイトで、高校の先輩を騙すことになった話」part3



漫画とかだと、生徒会というのは異様な権力をもってたりするじゃん。

 現実の生徒会は想像のはるか下をいっていた。
 選挙から四日後、俺たちは初顔合わせをした。

 で、仕事の話になったんだけど。

「こんな数行の文章を先生にチェックしてもらう必要があるんですか?」

 「もちろん」と会長はうなずいた。

 朝礼のときに、生徒会からの連絡みたいなのってあるだろ。

 時間にして三十秒にも満たない連絡でさえ、
 事前に先生にチェックしてもらう必要があるらしい。




        

237: >>1 2014/04/23(水)23:05:11 ID:yufJxoC95


 ほかにも会長から聞いた話では、
 ほぼ地味なものしかなかった。

 特に前期の役員に比べると、後期の役員は地味な仕事しかないらしい。
 これはイベントらしいイベントが、卒業式ぐらいしかないせいでもある。

「まあわたしたち、先生の奴隷みたいなものだから」

 「とりあえずがんばろうね」と会長は、最初の議会をしめた。


238: >>1 2014/04/23(水)23:08:59 ID:yufJxoC95


 俺と会長はつきあうことになった。
 でも最初らへんは恋人らしいことは、ほとんどしなかった。

 ていうか、会長がいそがしすぎるんだよ。
 あの人は生徒会活動以外にも、部活動もきっちりやってた。
 『英語部』みたいな名前だったはず。

 英語でディベートをやったり、演劇をやったりする部活に、
 所属しているらしい。

 しかも部活や生徒会活動がないときでも、
 放課後は図書室に残って勉強してるしな。


239: >>1 2014/04/23(水)23:13:23 ID:yufJxoC95


 メールこそ一日一回はきちんとしていたけど、
 その内容も、人にわざわざ話すようなものではなかった。

 さらに休日は休日で、部活だったり、
 そのほかにもなにか用事があるらしく、俺たちが会うことはない。

 ある意味、気がらくと言えばらくだったけどさ。

 ウソではじまったこととは言え、「なんかなあ」と思わずにはいられなかった。

 先輩にそのことを相談してみたけど、
 俺にはハイレベルすぎて、まねできるような内容ではなかったので、
 結局参考にはならなかった。

 だけど、俺と彼女は意外なことで仲良くなったんだよ。


240: >>1 2014/04/23(水)23:16:32 ID:yufJxoC95


 その日はなぜか、ほかの執行部の人たちが生徒会室に来なかった。

 月曜と木曜は、この部屋に集まることになってるんだけど、
 俺以外のメンバーがこないわけ。

 最初の十分ぐらいはボーッとしてたんだけど、
 この部屋がすばらしい空間だということに気づいたんだよ。

 誰もいない場所。

 大学ノートを開いて、俺はその作業をはじめた。
 ほどよく静かな空間って、集中するのにはもってこいなんだよな。

 だから会長が部屋に入ってきたことに、
 すぐには気づけなかった。


241: >>1 2014/04/23(水)23:20:24 ID:yufJxoC95


「なに書いてるの?」

 俺は思わず飛びあがりそうになった。
 たしか、驚きすぎてノートを投げた気がする。
 俺も驚いたけど、会長もそうとう驚いていたはず。

「ほら、ものは大事にしないと」

 会長は俺のノートを拾ってくれた。

 てっきりノートについて聞かれるかと身構えたんだけど、
 彼女はなにもたずねてこなかった。

 かわりに会長は今日の活動に参加するのが、
 俺たちだけてあることを教えてくれた。

 この時点の生徒会活動で、皆勤賞だったのは俺だけだった。自分でも意外。


243: >>1 2014/04/23(水)23:24:36 ID:yufJxoC95


 その日は話しあうこともなかったので、すぐに活動は終了。

 会長はすこしこの部屋で勉強していくと言ったので、
 「じゃあ俺もそうします」って、俺もいっしょに残った。

 やっぱり俺は、会長と仲良くなりたかったんだろうな。
 ちなみに会長のノートは、小さな文字で埋めつくされていたなあ。

 それで、俺なんだけど。
 カバンの中に、教科書なんて一冊も入ってなかったんだよ。

 『置き勉』してるんだから当然だった。

 席を立とうとしたら「待って」って、
 会長に引き止められたんだよ。


245: >>1 2014/04/23(水)23:29:04 ID:yufJxoC95


「置き勉してるから勉強できないんでしょ?」

「なんでわかったんですか?」

 「普通にわかるでしょ」って会長は得意げな顔をした。

 ちょっと口もとがニヤけそうになった。
 くだらないことだけど、会長は俺のことを見ていてくれたんだから。
 会長はノートをパタンと閉じた。

 「とりあえず座りたまえ」と会長は俺に座ることをうながした。
 言われるまま座る俺。

 「せっかくふたりっきりなんだし」って会長は言った。
 
 それで、ぎこちない会話がしばらくは続いた。


247: >>1 2014/04/23(水)23:31:34 ID:yufJxoC95


「テニスが好きなんだっけ?」

「まあ、中学のときにやってたんで」

 休日にはなにをするかって話になった。
 たしかに俺は中学のときに、テニスをやってた。
 でも高校生になってからは、実はテニスは一度もやってない。

 だけど休日はテニスしてますって言ったら、
 すこしはかっこうがつくじゃん。

 ちっちゃな罪悪感を感じつつ、俺はてきとうなウソを並べた。

「ほかにも好きなことはないの?」

 会長にそう聞かれて、俺はすこし考えた。


248: >>1 2014/04/23(水)23:34:10 ID:yufJxoC95


 話しはじめて気づいたんだけど、会長って聞き上手なんだよな。
 相槌のうちかたとか、質問のタイミングとかが絶妙なんだよ。

 なにより俺の話を聞いてくれる表情が、コロコロ変わって楽しかった。

 だからかな。

 思わず本当のことを言いかけた。
 「物語」って口から出てきてしまった。
 「物語?」と会長が首をかしげる。

 俺は急いで言葉をつけ足した。

「物語を読むのが好きなんです」

 「読書好きってこと?」と会長が身を乗り出してきた。


250: >>1 2014/04/23(水)23:37:49 ID:yufJxoC95


 読書好きかと言われると、ちょっとちがうような気がする。

 たしかに本を読むのはきらいじゃない。
 でも、読んだことがある本はそんなに多くない。

 俺のまわりってアホなヤツが多いわけだ。俺もふくめて。
 だから本とか読んでると、まわりの連中が言ってくるわけだ。

「本とか読んでるとバカになるぞ」

「カッコつけてんじゃねえっつーの」

「文字書く暇があるなら、汗かけ!」


 最後のセリフは、休み時間に本を読んでた俺にクロダが言ったこと。
 それは俺じゃなくて、書いてるヤツに言え。


252: >>1 2014/04/23(水)23:42:11 ID:yufJxoC95


 そんなまわりの環境のせいか、俺は読書はそれほどしなかった。

 ていうか。
 やっぱり、そんなに本を読むのが好きじゃないだけかも。

「どんな本が好きなの?」

「えっと、バッテリー?」

「テニス部だったのにバッテリー読んでたの?」

 読んでなかった。でも俺は「はい」と返事した。


253: >>1 2014/04/23(水)23:45:14 ID:yufJxoC95


「せっかくだし海外の小説とか読んでみない?」

「英語読めないから無理です」という非常に頭の悪い回答をした俺に、
 会長が「翻訳されたものだよ」とバシっとツッコミを入れた。

 ここからの流れは早かったな。

 会長は俺の腕を引っぱって、図書室まで連行すると、
 おすすめの海外の小説をいろいろと紹介してくれた。

「ボク、外国の小説で読んだのって、
 『頭の悪い人が急に頭が良くなる話』だけなんですよね」

「ああ、アレね」って会長は笑ってたな。


256: >>1 2014/04/23(水)23:49:31 ID:yufJxoC95


 英語教育にかなり力が入ってる高校だからか、
 図書室にはけっこう海外小説があったんだよ。

 で、会長は読みやすそうなものをチョイスしてくれた。

「読んだら感想聞かせてね」

 会長が嬉しそうにわらったんだよ。
 この笑顔が見れるなら、がんばって読もうかな。
 そう思って、家に帰ってからすぐに読みはじめた。

 本を読んで、その感想で盛りあがって仲良くなる。
 そんな俺の目論見はあっけなく粉砕した。


 会長がすすめてくれた本を、俺は一冊も読みきることができなかったんだよ。


258: >>1 2014/04/23(水)23:53:04 ID:yufJxoC95


 目がすべるって言うのか?
 文字を目で追っても、全然その内容が頭に入ってこないんだわ。

 申しわけないと思いつつ、俺はケータイで給料を確認した。
 給料の額はまたあがってた。

 つまり、俺は読書がそんなに好きじゃなかったってわけだ。

 すくいだったのは、
 会長が本の感想をメールとかで聞いてこなかったことだな。

 次の生徒会までになんとか読もうと思ったけどむりだった。


259: >>1 2014/04/23(水)23:54:47 ID:yufJxoC95


「本読めた?」

 生徒会が終わったあと、ふたりっきりの部屋で会長が聞いてきた。
 ニコニコ顔の会長から、俺は目をそらす。
 
 いちおう俺は、読めなかった本のあらすじとか感想は調べてたんだ。
 これに関しては、俺は会長をだまそうと思わなかった。

「読めませんでした! すみません!」

 目を丸くする会長。


261: >>1 2014/04/23(水)23:59:33 ID:yufJxoC95


 俺は正直に読みきれなかった理由を話した。
 漠然とした説明で、わかりにくかっただろうけど

 会長は「そっか」と最後にはうなずいた。
 軽蔑されたらどうしようという俺の心配は、とりこし苦労に終わった。

 彼女は俺の予想とは裏腹に、
 
 どういうわけか嬉しそうだったんだよ。


262: >>1 2014/04/24(木)00:01:22 ID:lMXOMyQjL


「はじめてなんだ。そんなふうに『本読めません』って言われたの」

 「しかもすごい熱心な説明だったしね」と会長。

 俺は申しわけなさすぎて、なにも言えなかった。

「スパッとそうやって言われるのって意外ときもちいいね」

 俺はますます困ってしまう。
 嫌味ではないようだけど、すげえ居心地が悪かった。

「実は物語を読むのは好きじゃないんですよ、たぶん」

「たぶん?」


264: >>1 2014/04/24(木)00:04:36 ID:lMXOMyQjL


 俺は言った。

「好きなのは、書くことなんです」

「ほほう。ひょっとしてあのノートって、お話が書いてあるの?」

 会長の言うとおりだった。
 俺はひそかにノートに思いついた話を書きこんでいた。


265: >>1 2014/04/24(木)00:07:32 ID:lMXOMyQjL


 もっとも、ほとんどはとちゅうで終わっている。
 しかも『なんか変な話』というだけで、全然ストーリーとして成立していない。
 とてもじゃないが、人に見せられるようなものじゃなかった。

 だけど会長は「見せてくれない?」と顔をよせてきた。

「ぜったいむり!」

「どうして?」

「さすがに恥ずかしいです!」

 先輩は「ざーんねん」とくちびるをとがらせる。

「じゃあさ。どんな話を書いてるかだけは、教えてくれない?」


266: >>1 2014/04/24(木)00:12:37 ID:lMXOMyQjL


 まあそれぐらいならいいか。

 読まれたくはないけど、聞かせたいとは思ったんだよな。
 俺はいくつか、簡単な話のあらすじを説明してみた。


 インターネットの掲示板にあらわれる幽霊の話。

 年下の母親と暮らす娘の話。

 物語を書くのが趣味なのに、誰にも見せられない人の話。


267: >>1 2014/04/24(木)00:14:43 ID:lMXOMyQjL


「えー、すごく面白そうなのに」

「だけど、どれも完成してないんですよ」

「じゃあ完成したら、読ませてくれない?」


 会長の言葉は俺をうなずかせた。
 
 会長はにっこりと笑った。


268: >>1 2014/04/24(木)00:18:12 ID:lMXOMyQjL


「会長の好きなことはなんですか?」

 よくよく考えてみると、俺が会長について聞いたのは、
 このときがはじめてかもしれない。

 いつも会長が俺について質問することはあっても、その逆はなかった。


「わたしのことが聞きたいの?」

「はい。すげえ聞きたいです」


269: >>1 2014/04/24(木)00:22:06 ID:lMXOMyQjL


 意外なことに。
 会長は自分のことを話すときは、どこか恥ずかしそうだった。

 会長の話を聞いていたら、あっという間に時間がすぎていった。



 ちなみに給料は増えることはあっても、減ることはないんだ。

 しかも不思議なことにこの日の終わりに給料を確認したら、
 なぜかさらに増えていた。

 まあ減ってないならいいかと、俺は深く考えなかった。


271: >>1 2014/04/24(木)00:26:25 ID:lMXOMyQjL


 これがきっかけで、俺たちはすこしずつ仲良くなった。
 会長は人を笑わせるのが好きだった。

 しかも、人を笑わせるようとするときにやるギャグが、絶望的に面白くない。

「ナガタくん、見て見て。いえすいえすいえーす」

 かなり前にやっていた宣伝のモノマネだった。
 笑わない俺に向かって、さらに追撃してくる。

「ふりかえらないで~いまきみはすてきだよ~」

 あげくのはてに小田和正のオフコースを歌いだした。

 これ以外にも、会長はよく人前で一発ギャグをひろうして、
 そのたびにまわりの空気を冷やした。


272: >>1 2014/04/24(木)00:28:32 ID:lMXOMyQjL


 どうして会長が一発ギャグを好むのか。
 実はけっこうまじめな理由があったりする。

 俺がそのことを知ったのは、
 生徒会の用事で会長と職員室に行ったときだった。

 職員室に入ったら、外国人講師が会長に声をかけたんだよ。

 そしたら自然に会長が英語で話し出してさ。
 流暢に英語をしゃべりだした先輩は、別人みたいだった。
 英語がだいっきらいな俺は、その様子を見てることしかできなかった。


273: >>1 2014/04/24(木)00:31:39 ID:lMXOMyQjL


「ほかの国の人と話すのにね」と会長は前置きした。

「言葉につまったりするでしょ? 
 だからどうやったら、うまくコミュニケーションできるかなって考えたんだ」

「それで、一発ギャグを思いついたんですか?」

「留学生でも有名なギャグならわかったりするからね」


 このとき会長はもうひとつ俺に教えてくれた。
 会長は高校生の間に、できれば留学したいらしい。
 もとからうちの高校は、その手の制度が充実していたんだ。
 
 それが目的でこの高校に入学したんだそうだ。


275: >>1 2014/04/24(木)00:36:27 ID:lMXOMyQjL


「実は留学費を稼ぐために、ファミレスでバイトとかもしてるんだ」

 会長は自分のくちびるに指をあてた。

「バイトのこと、誰にも言ってないんだよ。ひみつね」

 俺は何度もうなずいた。
 このころになると、俺のバイト代はほとんど変動しなくなっていた。
 以前のような、会長に対する後ろめたさは消えていた。

 当たり前だった。


 ウソはいつまでもウソではいてくれなかったんだよ。

 俺は会長のことを本気で好きになってたんだ。


278: >>1 2014/04/24(木)00:40:33 ID:lMXOMyQjL


 会長のことを知れば知るほど、俺は彼女のことを好きになっていた。

 しかし本気で好きになったからと言って、
 今の状況が変わるわけじゃなかった。

 俺が本気で会長を好きになるころには年をまたいでいた。

 実はこのあいだに、クリスマスとかはいっしょにすごしたりしたんだよ。

 ただし、先輩の家で。しかも家族とだったけど。
 俺たちはまだ手をつなぐことすらしたことがなかった。


279: >>1 2014/04/24(木)00:47:14 ID:lMXOMyQjL


 俺は考えてみた。
 けじめをつけないと、前に進むこともできないんじゃないかって。

 いろいろ考えたすえに、バイトをやめるっていう結論が出た。
 自転車をこいでバイト先へ急いで向かった。

 自転車をてきとうな場所へ止めて、ビルへ入ろうとした。
 でも、俺はそこで立ち止まった。
 それどころか反射的に物陰に隠れた。

 ビルの玄関から、見知った顔が出てきた。


 会長だった。


280: >>1 2014/04/24(木)00:47:34 ID:lMXOMyQjL



引用元: http://viper.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1398002732/



        


関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    PR
    プロフィール

    情弱ニート

    Author:情弱ニート
    猫が好きです、
    ゲーム、アニメ、オカルト、ギャンブル好きです。
    基本的に詰んでます\(^o^)/
    このブログは基本的にVIPスレまとめです(たぶん。。)

    宜しければ相互リンク・RSSなどもよろしくお願いします!

    検索フォーム
    コメント一覧
     
    アーカイブ/カテゴリ-
     
    アンテナシェア
    PR
    【総合】アンテナRSS
    ブログリング
    Powered by BlogRing
    AMAZONランキング
    Powered by amaprop.net
    おーぷん2ch
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1456位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    2chまとめブログ
    166位
    アクセスランキングを見る>>

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    お世話になってます
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。